遺されたもの

亡くなった方の財産や土地、権利などを、遺族が受け継ぐことを相続と言います。
例えば夫が亡くなったとき、夫が持っていた全財産は、伴侶である妻に相続されます。
しかし、相続をする、ということは、故人が生前負っていた責任も引き継ぐということです。
簡単に言えば、借金があれば、その借金を全額返済する責任まで相続しなければならないのです。

中には、遺産として遺された全額よりも、借金の額のほうが多いということもあるでしょう。
そうなった場合、遺産を相続する権利を放棄することができます。
権利を放棄した場合、遺産として遺される財産や土地、権利などを得ることはできませんが、借金を支払う責任も負いません。
故人が遺すものは、遺族にとってすべてプラスになるとは限らないため、相続の権利を放棄することができるということは、覚えておくべきでしょう。

また、故人が遺すものは、金銭的な価値があるものばかりとは限りません。
例えば思い入れのある品を、形見として受け取りたいと考える人は多いでしょう。
そういった遺品整理にも、また決まったルールがあります。
そもそも、相続なのか、遺品整理なのか、判断に悩むものもあります。
例えば故人が大切にしていた骨董品は、売却して金銭に変えるべきか、それとも形見として遺品整理を行うべきか。
相続の対象となるものは、すべて法的に扱われるべきなので、安易な遺品整理を行うことは危険が伴います。
そのため、遺品整理を専門に取り扱う、遺品整理業者の存在があるくらいなのです。

膨大な遺品整理 東京が残っていると、プライベートな時間を削らないと解決できませんよね?スピーディに解決してくれる業者があるので、利用してみよう。